之乃丞の「日々考耕幸向」

アクセスカウンタ

zoom RSS ある少女のメッセージ

<<   作成日時 : 2013/08/25 04:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

1992年6月。ブラジル、リオ・デ・ジャネイロ。
環境と開発に関する環境サミットに集まった世界の指導者たちを前に、
12歳の少女、セヴァン・スズキは語り始めました。

・・・・・・・・・・・・・・・・ここから引用(長文です)・・・・・・・・・・・・・・・・

私がここに立って話をしているのは、未来に生きる子どもたちのためです。
世界中の飢えに苦しむ子どもたちのためです。そして、もう行くところもなく、
死に絶えようとしている無数の動物たちのためです。

太陽のもとにでるのが、私はこわい。オゾン層に穴があいたから。
呼吸をすることさえこわい。空気にどんな毒が入っているかもしれないから。
そして今、動物や植物たちが毎日のように絶滅していくのを、私たちは耳にします。
それらは、もう永遠にもどってはこないんです。

こんな大変なことが、ものすごいいきおいで起こっているのに、私たち人間ときたら、
まるでまだまだ余裕があるようなのんきな顔をしています。
まだ子どもの私には、この危機を救うのになにをしたらいいのかはっきりわかりません。
でも、あなたたち大人にも知ってほしいんです。
あなたたちもよい解決法なんてもっていないっていうことを。


オゾン層にあいた穴をどうやってふさぐのか、あなたは知らないでしょう
死んだ川にどうやってサケを呼びもどすのか、あなたは知らないでしょう。
絶滅した動物をどうやって生きかえらせるのか、あなたは知らないでしょう。
そして、今や砂漠となってしまった場所に
どうやって森をよみがえらせるのか、あなたは知らないでしょう。

どうやって直すのかわからないものを、こわしつづけるのはもうやめてください。


ここでは、あなたたちは政府とか企業とか団体とかの代表でしょう。
あるいは、報道関係者か政治家かもしれない。
でもほんとうは、あなたたちもだれかの母親であり、父親であり、
姉妹であり、兄弟であり、おばであり、おじなんです。
そしてあなたたちのだれもが、だれかの子どもなんです。


私の国でのむだづかいはたいへんなものです。買っては捨て、また買っては捨てています。
それでも物を浪費しつづける北の国々は、南の国々と富をわかちあおうとはしません。
物がありあまっているのに、私たちは自分の富を、そのほんの少しでも手ばなすのがこわいんです。

カナダの私たちは十分な食べものと水と住まいを持つめぐまれた生活をしています。
時計、自転車、コンピューター、テレビ、
私たちの持っているものを数えあげたら何日もかかることでしょう。

2日前ここブラジルで、家のないストリートチルドレンと出会い、私たちはショックを受けました。
ひとりの子どもが私たちにこう言いました。

「ぼくが金持ちだったらなぁ。もしそうなら、家のない子すべてに、食べものと、着るものと、
薬と、住む場所と、やさしさと愛情をあげるのに。」

家もなにもないひとりの子どもが、わかちあうことを考えているというのに、
すべてを持っている私たちがこんなに欲が深いのは、いったいどうしてなんでしょう。

どこに生れついたかによって、こんなにも人生がちがってしまう。
私がリオの貧民街に住む子どものひとりだったかもしれないんです。
ソマリアの飢えた子どもだったかも、中東の戦争で犠牲になるか、
インドで物乞いをしていたかもしれないんです。

もし戦争のために使われているお金をぜんぶ、貧しさと環境問題を解決するために使えば
この地球はすばらしい星になるでしょう。私はまだ子どもだけどそのことを知っています。

学校で、いや、幼稚園でさえ、あなたたち大人は私たち子どもに、
世のなかでどうふるまうかを教えてくれます。たとえば、

* 争いをしないこと
* 話しあいで解決すること
* 他人を尊重すること
* ちらかしたら自分でかたづけること
* ほかの生き物をむやみに傷つけないこと
* わかちあうこと
* そして欲ばらないこと

なぜ、あなたたちは、私たちにするなということをしているんですか。


なぜあなたたちが今こうした会議に出席しているのか、どうか忘れないでください。
みなさんはこうした会議で、私たちがどんな世界に育ち生きていくのかを決めているんです。

おききしますが、私たち子どもの未来を真剣に考えたことがありますか。

あなたたち大人がやっていることのせいで、私たちは泣いています。
あなたたちはいつも私たちを愛しているといいます。しかし、いわせてください。
もしそのことばがほんとうなら、どうか、ほんとうだということを行動でしめしてください。

最後まで私の話をきいてくださってありがとうございました。

(翻訳:ナマケモノ倶楽部)

・・・・・・・・・・・・・・・・ここまで引用(一部中略)・・・・・・・・・・・・・・・・

この問いかけに 僕は答える事が出来るのだろうか





・・・あとがき・・・
今日もご来場下さいましてありがとうございます
1962年式 ポンコツ飲兵衛タヌキがおとどけしています
皆様のご訪問をはげみに「日々考耕幸向」でございます

今日が貴方にとって 素晴らしい 一日でありますように


ポチッで応援よろしく♪

























之乃丞の「日々考耕幸向」のテーマは・・・

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Go to home (Japanese)

画像

Foot mark Please

おきてがみ

The other my blog

power of words
画像
・・・・・・contents・・・・・・
Ecology housing school
画像
・・・・・・contents・・・・・・

Oh I'm so glad to see you

・・・・・Japanese・・・・・・

Thank you

画像

Please look at this

画像

Click Please

If you like ・・・
under the feature story
画像 画像 画像
that's Pochi Please
Thank you
・・・・・Japanese・・・・・

Imagine

Imagine there's no Heaven   
It's easy if you try         
No Hell below us         
Above us only sky        
Imagine all the people    
Living for today...

Imagine there's no countries
It isn't hard to do
Nothing to kill or die for
And no religion too
Imagine all the people
Living life in peace
...omit part...
Imagine no possessions
I wonder if you can
No need for greed or hunger
A brotherhood of man
Imagine all the people
Sharing all the world

You may say I'm a dreamer
But I'm not the only one
I hope someday you'll join us
And the world will live as one
・・・・・Japanese・・・・・・

Why?

not to fight with others
to work things out
to respect others
to clean up our mess
not to hurt other creatures
to share - not be greedy
Then why do you go out
and do the things you
tell us not to do?
・・・・・Japanese・・・・・・

At first

Meaning   画像
The next step 画像

Let me introduce myself

画像
ある少女のメッセージ 之乃丞の「日々考耕幸向」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる